ムダ毛の自己処理

ムダ毛を自己処理しすぎるのはキケン


ムダ毛の自己処理は控えめに

自己処理でおきる肌トラブルとは

脇毛の自己処理。手軽にできちゃうからついつい毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりしちゃいがちだけど、ずーっとやり続けていると、肌や毛穴が傷ついて炎症を起こしてしまうことになるので注意しましょう。

具体的にどんな症状が起きてしまうのか見ていきたいと思います。

赤いブツブツの毛嚢炎

よくあるのが、ニキビみたいに赤くブツブツになる症状。これは、毛抜きなどで毛を無理やり抜いたときなどによく起こるんですが、毛根から毛を引きちぎることで出血し、そこにばい菌が入ることでおきる症状です。

これがヒドくなってくると、色素沈着をおこして黒くシミみたいな状態になってしまいます。脇が黒ずんでくるのはこのせいです。

自己処理を長く続けていくと毛穴もどんどん広がっていくので、ブツブツや黒ずみも大きくなっていくので注意しましょう。

毛が出てこない埋没毛

それから次もよくある症状ですが、毛が皮膚の中に入ったまま表に出てこない状態になることが。これ、埋没毛といって抜毛することでよく起こります。

毛を抜くことで皮膚が傷つき、そこが修復される際に毛穴がふさがってしまうことがあるんですね。そうなると毛は表に出てこられなくなって皮膚の中で成長してしまいます。

これ、無理やり皮膚から出そうとするとさらに肌が傷つくことになるので、悪循環に陥ることになります。

皮膚が硬くなる瘢痕化

それから、皮膚が硬くなってしまう瘢痕化という症状もおきてきます。皮膚は一旦傷つくと、新しい皮膚を作って修復しようとするんですが、この新しい皮膚というのは、以前よりも硬い皮膚になってしまうんです。

何回もこれを繰り返すとさらにどんどん硬くなってしまい、最終的には鳥肌みたいなブツブツの状態にまでなってしまいます。

どの症状も見た目が汚いばかりか治すのには時間がかかってしまうので、脇毛の自己処理はほどほどにしましょう。

今は脇もムダ毛がないだけじゃダメで、ツルツルスベスベの肌じゃないと女子力が低下してしまう時代。自分で処理するよりも脱毛サロンで処理するのがオススメです。

ミュゼで脱毛するのが安全です
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

脇のぶつぶつを簡単に超安く治す方法トップページへ

脇のぶつぶつを簡単に超安く治す方法は、トップページから確認することができるよ。